コンテンツへスキップ →

『余白思考』

実は2週間ほど前だったか、東京駅の本屋さんで、こんな本を見つけた。
まだ「はじめに」の部分の2ページくらいしか読んでいない。
完全にタイトルで買った本であって、実際のところこのブログと通じるものがあるのかどうかはわからない。
目次を見る限り、私がこのブログで求めて行きたいものと通じている気がする。

仕事や人間関係、コミュニケーションの「余白」とか、最後の章なんて「自分の頭の中に余白を持て」ということだし、まさに合致しているとしか思いようがない。

本屋さんで見つけて、迷わず買った本だけど、すぐに読むのが勿体ないと思った。
いや、読んでみてがっかりするのが怖かったのかもしれないし、ブログで追究する必要もないことに気づくのも怖かった。

こうしてこの記事を書くために、目次を捲ったり、表紙や帯の文字を眺めていたら、すぐにでも読みたくなった。

と言うわけで、読んでみようということになった。
でも、今読んでいる本があるから、その本を読み終えたら、読んでみることにします。
読み終わったら、何らかの感想をこのブログにも今は書くつもりです。
読み終えてみないとわからないけど。

カテゴリー: ブログ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA