コンテンツへスキップ →

ペン立てにも余白を

ペン立てにぎっしり詰まった筆記具たち。
これら全てを使っているかと言うと、そうでもなかったりする。

左手前からざっと内容を紹介すると、こんなふうになる。

ジェットストリームとアクロインキの4+1の複合ペン2本と無印良品の定規。
ジェットストリームのペンが2種とフリクションボール、万年筆。
ハサミとカッターナイフ。
赤ボールペンとマーカー。
マーカーとジェットストリーム多色2本。
いろんなボールペン3本。(1本は机の上に出張中)
ユニボールワンが4本。
マーカーとシャープペン3本。
いろんなボールペン3本。
鉛筆類。
スタイルフィット2本と定規。
ほこり取りとインク充塡用注射器(百均)。

全然スペースが無いかと言うと、まだ入るところもある。
全てを使っているかと言うと、滅多に使わないペンが大半。
いつも使うものだけにすると…
多分この9マスの筆立ての3マスくらいで済んでしまうのではないかと思われる。

机の上の余白作りの手始めは、やっぱりここかなあと思っているところ。
ここから救出して、どこへ移せば良いか、それが問題。
一気に処分できるような古いものは少ない。

カテゴリー: ブログ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA